カテゴリ[無料データ@カテゴリ情報]

ブログではカテゴリという言葉が出てきます。

普通は、あなたの書く記事がどのような分野の記事かを区別する言葉です。

しかしながら、これには二つのことが含まれています。

一つは、無料でも有料でも、あなたがブログ(サイト)を立ち上げるときに、ブログサービスを提供している会社が「どのようなブログを書きますか?」ということを指定することになっています。

これを、カテゴリと表現しています。

これはブログそのもののカテゴリを表しています。どのような分野のブログを書くかを規定することです。

例えば、健康食品の分野なのか時事問題を扱うブログなのかを、ココで決めます。

さらに、あなたが個別記事を書くときに、あなたが指定できる区分を作ることが出来ます。

これが、記事のカテゴリです。

ブログそのもののカテゴリは、変更は出来ますが一度指定しまうと、原則としてその内容で書くことになります。

これ名記事ごとに、内容を一言で表現する言葉です。

例えば、健康食品を扱うブログであれば、玄米のことを書くのであれば「玄米」というカテゴリで書いてよいのです。

これは、あなたのブログを訪れた人に、検索し易くする為のキーであると考えても良いですね。

あなたのブログを訪問する方は、何か情報を探しに来るわけですから、その方々に分かり易いカテゴリ(分類)を心がけたいものです。

それが情報発信者としての心遣いだと思います。

カテゴリの表現の仕方によって、検索もしやすくなるのですから・・・・

カテゴリの分類でも、キーワードが重要になります。

ブログそのもののカテゴリを決めてしまっているから、関係ない記事はかけないとは思わないで下さい。

ブログのカテゴリと直接関係ない記事を書くときには、コラムというカテゴリを作って、あなたの意見や情報を発信すれば良いのです。

臨機応変に記事を書いてかまいません。

あまりにも関係ない記事ばかりですと、あなたのブログを訪問する人が少なくなりますので、そのときにはブログそのもののカテゴリを変更した方が良いですね。

無料データ@情報銀行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。